ウォンテッドリーは上場2日目も買い気配を続け公開価格の3.6倍(10時50分)

日本インタビュ新聞 2017年09月15日(金)10時56分配信
■比較対象銘柄のPER60倍と同水準まで買うなら6000円が妥当の皮算用も  東証マザーズに14日上場したウォンテッドリー<3991>(東マ・売買単位100株)は15日も買い気配を続け、10時40分を過ぎては公開価格1000円に対し3565円の買い気配となっている。14日からまだ売買が成立せず、初値はついていない。 、企業の業務提携や就転職希望者の要望などを掲載するビジネスSNS「Wantedly(ウォンテッドリー<3991>)」の運営などを行い、会社発表の2018年8月期の業績予想(連結)は、売上高が前期比30.2%増の16億2700万円、営業利益は1億9400万円(前期は500万円)、純利益は1億3400万円(前期は300万円)、1株利益は29円38銭。  比較対象銘柄としては、ビジネスマッチングアプリ運営などを行うアトラエ<6194>が挙げられている。アトラエ<6194>の株価はPER60倍前後。このため、ウォンテッドリー<3991>も同じくPER60倍まで買うとすれば6000円が妥当との皮算用もある。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)
日本インタビュ新聞
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)10時56分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。