ベステラ:東証一部市場昇格・吉野社長語る

日本インタビュ新聞 2017年09月15日(金)17時00分配信

■つくったひとには壊せない!プラント解体で新事業創造を  プラント解体に特化したオンリーワン企業ベステラ<1433>(東1)は14日、東京証券取引所市場第一部へ市場変更したが、市場昇格後の同社の展望について次のよう語った。 写真=左から吉野佳秀ベステラ<1433>社長・東京証券取引所岩永常務 ■解体~これからが世界中で本番を迎える時代  高度経済成長時代を経て長く日本の産業を支えてきたプラント設備は、徐々に次世代の設備に置き換えられつつある。  プラント建設においては造るための技術は高度に進歩したが、プラント設備を撤去することについては環境問題やコンプライアンス対応、また工事そのものの安全性、さらには効率性等課題が多い。  プラントは、電力・鉄鋼・石油・石油化学、その他業界において、安全性、効率化など、これから世界中で解体が本番を迎える時代である。  私たちは、建造のプロセスを単に逆にたどるのではなく、まったく新しい視点でプラント解体を発想し、その発想を実際の工事を通じて検証し、新たな技術・工法として確立、更には特許工法という形で完成させている。 ■世の中の仕組みを変える!プラント設備の効率的管理=3Dデータでシステム化  今日では、プラント設備の効率的な管理には3Dデータによるシステムが必要になると考え「紙面データの最新3D化」に成功し、可視化・共有化、さらにIOTを活用した解体施策=3Dサービスの施策を「5STEPアクション」と位置づけ、1)設備計測、2)応用計測、3)解体・改修、4)データベース化、5)情報化施工による、新しい価値の創造へ挑戦している。  吉野社長は、「世の中の仕組みを変える」そんな企業でありたいと願い、プラント解体を通じて、こうした社会的ニーズに応え、企業責任を全うし、社会貢献に取り組むと述べた。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)
日本インタビュ新聞
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)17時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。