中国五輪委、過去8年間の営業収入は490億円―中国

Record China 2017年06月17日(土)16時00分配信

中国オリンピック委員会はこのほど福建省廈門(アモイ)市で、2009〜16年の市場開発の総括報告を発表した。それによると、ロンドン五輪の周期(09〜12年)とリオ五輪の周期(13〜16年)における中国五輪委の市場開発収入は30億元(約489億円)に達し、歴史的ブレークスルーを達成したという。北京日報が伝えた。

過去8年間に、中国五輪委は市場開放をめぐって企業10数社からの協賛を得た。関連分野は衣類・関連設備、乳製品、自動車サービス、ホテルサービス、インターネットサービス、栄養保健用品などさまざまで、特に3企業とは2つの五輪周期を通じて契約を継続した。

同委市場開発部の李樺部長は、「こうした企業からの賛助協力は、中国スポーツ事業の発展に大量の資金を提供しただけでなく、中国のスポーツ代表団の競技への準備や参加、中国五輪委の各種社会的活動に対する物質面での保障を提供するものとなった」と指摘する。

市場調査の結果、「中国オリンピック委員会協力企業ブランド」になると、企業ブランドの認知度が明らかに上昇することがわかった。李部長は、「企業は中国オリンピック委員会協力企業パートナーとして五輪での営業販売活動を展開し、ブランドの名誉を著しく向上させるとともに関連製品やサービスの売上を伸ばすことができた」と振り返る。(提供/人民網日本語版・編集KS)

Record China
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年06月17日(土)16時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。