中国人女性行方不明事件、日本の警察が北海道全域で大規模捜索―中国メディア

Record China 2017年08月11日(金)19時20分配信

在札幌中国総領事館のウェブサイトによると、中国の孫振勇・札幌総領事は10日、北海道警察本部の担当者、札幌南警察署の担当者、北海道副知事と相次いで会見した。孫総領事は北海道で行方不明となっている中国人女性のことに強い懸念を表明。北海道警察本部と札幌南警察署に対して、捜索を継続し、さらに措置を強化するとともに捜索範囲を拡大し、早急に行方を確認するよう促した。中国新聞網が伝えた。

北海道警察本部の担当者と札幌南警察署の担当者によると、警察側はすでに北海道全域のホテル、空港、駅、フェリーなどで大規模な捜索を2回行った。また、8月4日以降、行方不明者の姿が最後に確認された北海道釧路市で丹念な捜索を行うとともに、中国人観光客に有名な網走、知床半島、能取岬で地上と空からの捜索を行った。北海道警察当局は捜索を継続し、行方の確認に全力を挙げる。

孫総領事は10日遅く、辻泰弘・北海道副知事と会見し、行方不明事件に強い懸念を表明。あらゆる力を投じて行方の確認に協力するよう求めた。

辻副知事は、「事件発生以降、北海道各界は事件を大変注視している。北海道庁はできるだけ早く行方を確認すべく、各関係当局及び社会各界に働きかけて有効な情報を積極的に収集するとともに、警察当局の丹念な捜索に協力する」と表明した。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

Record China
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年08月11日(金)19時20分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】