命の危険を恐れず「死のゾーン」を何度も、中国PKO部隊の地雷撤去―中国メディア

Record China 2017年09月15日(金)15時50分配信

レバノンとイスラエルの臨時停戦線「ブルーライン」近くには無数の地雷が埋まっており、「死のゾーン」とされている。

ここ1カ月、中国第16次レバノンPKO部隊の地雷撤去担当の兵士たちは様々な困難や生死の危険に直面しつつも、何度も「死のゾーン」を通過し、安全通路保護の任務を執行している。新華社が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集YK)

Record China
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)15時50分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。