順調な事業拡大が続く弁護士ドットコム【注目新興企業】

投信1 2018年02月15日(木)06時00分配信

弁護士ドットコム<6027>とは

弁護士ドットコム<6027>は弁護士/法律ポータルサイトを運営し、月間サイト訪問者は900万から1,000万超にまでなっています。「弁護士ドットコムニュース」のコンテンツを、各種ウェブメディアなどの記事として目にしたことのある方も多いでしょう。

同社の売上高の半分以上は、弁護士に対するマーケティング支援サービスと法律相談の有料会員サービスから構成されています。また、弁護士マーケティング支援、有料会員サービスともに、2014年12月のIPO以降、極めて順調に拡大を続けています。

IPO以降、順調に拡大するビジネス

IPO直後の2015年3月期第1四半期の売上高は1.3億円でした。その主な内訳は、弁護士マーケティング支援サービスが0.6億円、有料会員サービスが0.3億円となっています。その後、両部門は四半期毎に着実な拡大を続けています。

弁護士マーケティング支援サービス、有料会員サービスともに、同社はサービスプラットフォームを提供する立ち位置であるため、利用者数の増加により高い増益効果を得ることができます。

実際、売上高は2015年3月期第1四半期の1.3億円から、2018年3月期第3四半期には6億円と、約5倍近い伸びになっています。また、営業利益は同時期に0.2億円から14億円と約7倍になり、売上高以上の伸びを見せています。

同社は弁護士ドットコムブランドのオウンドメディアを運営しつつ、ブランドの認知度向上を自社サービスに繋げるという、ウェブマーケティングの王道的手法で業績を伸ばしていると言えるでしょう。

足元で同社サービスの伸び悩みの兆候は見られず、当面拡大は継続すると予想されます。ただ、廃業率が開業率を上回る状況下では、いずれ限界に達する可能性もあるでしょう。

税理士ドットコムなどの他事業を、弁護士ドットコム<6027>のサービス拡大が継続している間に成長軌道に乗せることができるのかが、今後の注目ポイントです。

弁護士ドットコム<6027>の上場以来の株価推移

投信1
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年02月15日(木)06時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。