地銀の経営統合加速、人口減少響く

更新日: 2017年03月17日(金)10:30

 地方銀行の経営統合が進んでいる。マイナス金利で運用難になった影響や地方の人口減少が進んでいることが背景にあり、生き残りをかけた合併が行われている。  地銀の合併が進んだきっかけは、地銀最大手の横浜銀行と東日本銀行が2016年4月に経営統合。これを皮切りに常陽銀行と足利ホールディングスが2016年10月に経営統合するなど地銀の経営統合が加速している。

Twitterでつぶやき